コラム│福岡市東区香椎照葉「アイランドシティ」で歯科をお探しの方はともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックまで

092-671-0604

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:00~16:00
  休診日:水曜午後、日、祝

092-671-0604

FAX 092-671-0605

コラムColumn

不正咬合とは

こんにちは。
福岡市東区香椎照葉エリアのアイランドシティにある、「ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニック」です。

不揃いな歯並びや上下がしっかりとかみ合わない状態を「不正咬合」といい、矯正歯科ではこの不正咬合を改善していきます。
今回は不正咬合の種類や特徴についてお話します。

 

不正咬合の種類とデメリット

不正咬合には次のようなものがあります。

 

  • 上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前に大きく出っ張っていたり、上の歯全体が前に突き出た状態です。口をしっかりと閉じにくく、顔を打った時に前歯を折ったり唇を切りやすくなります。
悪化すると、下前歯が上前歯の歯ぐきに当たって傷つけることもあります。

 

  • 受け口(反対咬合)

下の歯が上の歯よりも前に出た状態です。
前歯が傾いているために起こることもあれば、上顎に比べて下顎が大き過ぎて起こる場合もあります。
しっかりと噛めないのはもちろん、発音も不明瞭になりやすいのが特徴です。

 

  • 八重歯・乱ぐい歯(叢生)

八重歯は「上の糸切り歯が歯並びから飛び出した状態」、乱ぐい歯は「歯並びがデコボコになった状態」です。
歯の大きさと歯が並ぶスペースが合っていないために起こります。
デコボコや飛び出しがあるため磨き残しやすく、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

  • 開咬

かみ合わせようとしても前歯がかみ合わない状態です。
開咬になると食べ物を噛み切りにくくなり、発音も悪くなることがあります。
指しゃぶりや舌で前歯を押す癖、遺伝などが主な原因です。

こうした歯並びやかみ合わせを整えることは、生活の質を上げるとともに健康的な生活にも繫がります。

ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックでは、日本矯正歯科学会の認定医資格を持つ女性の矯正担当医が矯正治療を担当しております。男性歯科医師が苦手なお子さんの矯正治療もぜひ当院におまかせください。