コラム│福岡市東区香椎照葉「アイランドシティ」で歯科をお探しの方はともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックまで

092-671-0604

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

★:土曜午後は14:00~16:00
  休診日:水曜午後、日、祝

092-671-0604

FAX 092-671-0605

コラムColumn

子どもの矯正歯科治療はいつから?はじめる時期について

皆さんこんにちは。
福岡市東区の「ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニック」です。

お子さんの歯並びや永久歯の生え方で気になる点はありませんか?
当院では矯正治療を専門とする歯科医師の小児矯正・矯正歯科を行っています。

子どもの矯正はいつからはじめればよいか、歯科に相談する時期を迷われることもあるのではないでしょうか。今回は子どもの矯正歯科治療の内容と、はじめる時期についてご紹介いたします。
 
 

小児矯正とは

小児矯正とは、子どもが受ける矯正治療です。永久歯が生えそろっていない時期、もしくは生えそろってすぐの時期に行います。

成長に合わせて、上下の顎の骨のバランスを整えていき、症例によっては歯を抜かずに済む場合もあります。食べものを噛んだり飲み込んだりする機能や話す機能の発達も高められます

さらに、子どものころから歯科矯正治療を開始することで、定期的なお口のチェックを継続的に行うことができ、むし歯や歯周病になるリスクを抑えられる点もメリットです。
 
 

小児矯正の時期別の内容と目的

小児矯正は、矯正治療を行う時期によって一期治療と二期治療に分けられます。

・一期治療
一期治療は骨の成長を利用して、上下の顎の骨のバランスを整えていきます。バランスのよいかみ合わせや歯並びのために、顎を広げる装置を用いた治療などを行い、将来的にバランスの整ったかみ合わせをつくるための土台づくりを行う時期です。

・二期治療
二期治療は、永久歯が生えそろってから、ワイヤーを通すマルチブラケット装置や取り外しのできる装置などを使って、永久歯の歯並びを改善する矯正治療です。一期治療で永久歯の生える位置を確保できていると、二期治療で永久歯を抜かずに治療できる可能性があります。
 
 

小児矯正をはじめる時期

一期治療は、一般的には上顎が急速に成長しはじめる6歳から7歳ごろに開始すると、顎の成長を利用した矯正治療が行いやすくなります。上の歯よりも下の歯が前方で噛んでいる受け口の場合は、成長とともに治療が難しくなるため、早めに小児矯正歯科、矯正歯科にご相談ください。
 
 

当院の小児矯正歯科

当院では、女性の歯科医師が矯正治療を担当いたします。歯並びやかみ合わせが整うと、見た目の美しさだけではなく、顎関節症の予防や、歯磨きなどのケアが行いやすくなり、むし歯、歯周病の予防にもつながります

矯正治療後も小児歯科、一般歯科の定期検診にて経過観察を受けられますので、歯並びで気になる点が見つかった場合は、矯正歯科に早期につなげることが可能です。

お子さんの歯並びで気になる症状がありましたら、福岡市東区の「ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニック」までお気軽にお問い合わせください。


矯正歯科の詳細 >