コラム│福岡市東区香椎照葉「アイランドシティ」で歯科をお探しの方はともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックまで

092-671-0604

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:00~16:00
  休診日:水曜午後、日、祝

092-671-0604

FAX 092-671-0605

コラムColumn

むし歯の原因と進み方

こんにちは。
福岡市東区香椎照葉エリアのアイランドシティにある、「ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニック」です。

むし歯はお口の中に住みついた細菌が引き起こす病気です。
むし歯から大切な歯を守るために、むし歯ができる理由や進行過程について知っておきましょう。

 

むし歯ができるまで

むし歯は突然歯に穴が開いてできるわけではありません。
むし歯ができるまで、どんなことが起こるか知っておきましょう。

 

  • むし歯菌は糖分をエサにする

食べ物や飲み物に含まれている糖分を、むし歯菌がエサとして取り込みます。

 

  • むし歯菌は増殖したり歯垢を作る

エサを取り込んだむし歯菌は、酸を作ったり、増殖したり、ネバネバした「グルカン」という物質を作って入り込み、歯にくっつきます。これが歯垢になります。

 

  • 酸が歯を溶かす

むし歯菌が作った酸によって、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出します。
お口の中に糖分が残っていると、むし歯菌はそれをエサにしてさらに酸を作ります。

 

  • 歯に穴が開く

歯垢をしっかり取り除かなかったり、お口の中に長く糖分があると、むし歯菌は活発に活動し続けます。
酸によって歯からカルシウムやリンが溶け出し続けると、やがて歯に穴が開いてむし歯になります。

 

むし歯の進行

むし歯は放置しておくとどんどん進行していきます。

 

  • CO 初期むし歯

まだ歯に穴は開いていませんが、カルシウムやリンが歯から溶け出しているため、歯が白く濁ったり薄い褐色になります。
痛みなどの自覚症状はありません。
この段階であれば、フッ素などを使って再石灰化を促し、健康な状態に戻すことも可能です。

 

  • C1 エナメル質のむし歯

歯が溶け続けて、歯の表面を覆っているエナメル質に穴が開きます。
痛みや沁みる感じはありません。
これ以降は、むし歯菌に感染した場所を削って治療することになります。

 

  • C2 象牙質まで進んだむし歯

むし歯がさらに広がって、エナメル質の下にある象牙質まで溶かし始めた状態です。
象牙質の下には神経があるため、冷たい飲み物や食べ物がしみたり痛みを感じることがあります。

 

  • C3 歯髄まで進んだむし歯

むし歯による穴が象牙質も貫通して、その下にある歯の神経(歯髄)にまで進んだ状態です。
神経が直接刺激されるため、かなり強い痛みを感じます。放置すると、むし歯はさらに歯根へと広がっていきます。

 

  • C4 歯根だけ残ったむし歯

歯ぐきから上に出ている歯がむし歯によってほとんど溶かされ、歯根だけが残っている状態です。
神経が死んでいると痛みは感じませんが、歯根の先に膿がたまると顎の骨が炎症を起こし、強い痛みや腫れが起こります。また、むし歯菌が全身に侵入して全身の健康に影響を及ぼすこともあります。
この段階まで進むと、ほとんどの場合は歯を抜くことになります。

 

ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックならではのむし歯治療

むし歯の治療となると、「痛みが心配」という方も多いかと思いますが、ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックでは、笑気麻酔や電動麻酔器による痛みに配慮した治療も可能ですので、まずはお問い合わせください。
また当院では、簡単に「唾液検査」が行える機械も導入しております。
むし歯がない方もむし歯治療が終わった方も、ご自分のむし歯のリスクを数値化して、わかりやすく確認していただき、予防につなげていただけます。
興味をお持ちの方はお気軽にスタッフまでお尋ねください。