コラム│福岡市東区香椎照葉「アイランドシティ」で歯科をお探しの方はともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックまで

092-671-0604

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:00~16:00
  休診日:水曜午後、日、祝

092-671-0604

FAX 092-671-0605

コラムColumn

むし歯・歯周病と歯の寿命

こんにちは。
福岡市東区香椎照葉エリアのアイランドシティにある、「ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニック」です。

歯の治療技術は日々進歩しており、義歯やインプラントもありますが、やはり一番使いやすいのは健康な自分自身の歯です。
しっかりと噛み、会話を楽しむためには、歯の寿命を守ることが大切です。
今回は、むし歯・歯周病と歯の寿命との関係についてお話します。

 

むし歯と歯の寿命

むし歯になって歯に穴が開くと、悪くなった歯を削って治療することになります。
最初は少ししか削らなかったとしても、何度もむし歯を再発して治療を繰り返していると、歯はどんどん削られることになってしまいます。

そうして削られるたび、歯は弱くなります。
さらに治療のたびに歯はどんどん減っていき、最終的には歯を失うことになるのです。

 

歯周病と歯の寿命

歯周病は初期段階では、歯肉が腫れるだけで、自覚症状がほとんどありません。
そのため、自覚しないうちに歯周病は徐々に進行していきます。

最初は歯肉の腫れだけだったのが、歯を支える歯槽骨や歯周組織も破壊されていきます。
歯周病に気がつかず放置しておくと、歯がグラついたり抜けてしまうのです。

グラつく歯や抜けた歯は元には戻せません。悪化していれば、抜歯するしかなくなることもあります。
こうして歯周病によって、歯の寿命は縮まってしまうのです。

 

歯の寿命を守るために

歯の寿命を守るためには、むし歯や歯周病を予防する必要があります。
万が一むし歯や歯周病になってしまったとしても、早めに発見して少しでも早く治療を始めることが重要です。
しっかり予防を続けていくために、毎日の歯磨きや健康管理とともに、定期的に歯科医院で検診や歯のクリーニングを受けておきましょう。

ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックでは、「大切な家族」として地域の皆さんのお口の健康を支えてまいります。お口のお悩み事がある時はもちろん、予防に取り組みたい時にもぜひご相談ください。