コラム│福岡市東区香椎照葉「アイランドシティ」で歯科をお探しの方はともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックまで

092-671-0604

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:00~16:00
  休診日:水曜午後、日、祝

092-671-0604

FAX 092-671-0605

コラムColumn

歯周病予防で健康づくり

こんにちは。
福岡市東区香椎照葉エリアのアイランドシティにある、「ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニック」です。

歯周病はお口だけでなく全身の健康にも影響を与えます。
全身の健康を守るためにも、歯周病を予防しましょう。
今回は、歯周病と全身の健康との関わりについてお話します。

 

歯周病が全身の健康に影響する理由

歯周病になると、腫れあがって炎症を起こした歯肉から血管に歯周病菌が入り込みます。
血液に入り込んだ歯周病菌は、白血球など免疫細胞の働きによって死滅します。ところが、死んだ歯周病菌には毒素が含まれているため、血液とともに歯周病菌の死骸が全身を巡ると、全身の健康にも影響するのです。
また、歯周病菌によって起こった炎症物質も血流とともに全身を巡って、全身の健康に悪い影響を及ぼします。
こうして歯周病が全身疾患を引き起こしたり、持病を悪化させることになるのです。

 

歯周病が関わる代表的な病気

歯周病菌が引き起こしたり悪化させる病気には次のようなものがあります。

 

  • 糖尿病

糖尿病は歯周病と深く関わっている病気です。
歯周病になると糖尿病の症状は悪化し、また糖尿病になると歯周病になりやすくなると言われています。
歯周病と糖尿病の両方にかかったら、歯周病と糖尿病を同時に治療していくことが重要です。

 

  • 狭心症・心筋梗塞・脳梗塞

歯周病菌の刺激によって、動脈硬化を誘導する物質が出ると、血管の中に粥状の「プラーク」が生まれます。そのため、血管が詰まりやすくなったり血液の通り道が細くなります。

心筋に血液を送る血管が細くなったり詰まると、狭心症や心筋梗塞に、脳の血管が細くなったり詰まると、脳梗塞になってしまいます。
歯周病の人は健康な人に比べ、2.8倍も脳梗塞になりやすいと言われています。

 

  • 低体重児早産

妊娠すると、女性ホルモンが増えるため妊娠性歯肉炎になりやすくなります。
そのため、油断をすると歯周病になってしまうこともあるのです。

また、歯周病の炎症が強くなると、陣痛促進剤に使われるような物質が体内に増えて、胎盤に作用したり子宮を収縮させて、早産を引き起こすリスクが高まると考えられています。
そのため、歯周病になっている妊娠中の女性は、健康な女性に比べると、7倍も低体重児および早産のリスクが高くなります。
赤ちゃんのためにも、歯周病予防を心がけましょう。

 

  • 誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は高齢の方に多い肺炎です。
歯周病の方が食べ物や唾液などを誤って気管に入れてしまうことで、歯周病菌が肺で炎症を起こして発症します。
誤嚥性肺炎を引き起こす細菌のほとんどは、歯周病菌ではないかと言われています。
誤嚥性肺炎を防ぐためにも、歯周病の予防や治療は非常に重要です。飲み込みがうまくできない方や寝たきりの方などには、歯磨きやフロス、歯石取りなどのケアをとくにしっかり行う必要があります。当院では、訪問歯科診療も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

  • 健康な毎日のためにも歯周病予防を

上でお伝えした以外に、歯周病は骨粗しょう症、メタボリックシンドロームなどと関わっていると言われています。
全身の病気にかかったり、悪化させないためにも、歯周病予防に取り組んでいきたいですね。

ともえ歯科・矯正歯科アイランドシティクリニックでは、アットホームな空間でおくつろぎいただきながら、治療を受けていただけます。患者さんの痛みや不安な思いも少しでも減らせるように、ていねいな対応を心がけてまいります。